私は祖先が犯した罪を償わなければならない
だから去年屍者が復活のために村人全員の命を要求した時に
家族が自ら生贄になって責任を果たしました
[第4話]屍者の13月 - 第年秒 | 少年ジャンプ+

也是因为我们祖上对村中人有欠,是有罪之家,
所以去年出现了妖尸索要活祭,
拿全村人的性命做要挟……
因为有罪,我们家便承担起了祭品的责任。
《日月同错》第四回 千年两面 下-在线漫画-腾讯动漫官方网站

また私達の祖先が村の人に対して借りがあるため、有罪の家であり、
去年生贄を要求する屍者が出現し、
村人全員の命を人質にとった時……
罪のために、私たちの家がすぐに生贄の責任を背負いました。


第7話で三眼は、復活して馬賊や村人を食べていたら、村の年寄の方から生贄を出す代わりに自分の家族には手を出さないように持ちかけてきたと暴露している。あくまでそもそもの発端は三眼が無造作に人間を食べていたことだ。三眼が白大の子孫がいる地域から遠く離れなかったのは、おそらく木の成長を見たかった上に怠け者だったから。
第4話で白小小は自分が村長やその他の村人から聞かされただろう建前を信じて語っていた。これは大半の村人も信じていた内容のはず。中文版だとその内容は三眼に村人全員の命を人質にとられたというものだ。一部の人間が主導したとしても一度傘下に入ってしまえば確かに大半の村人にとってそういう状況になる。隣村で逃げ出した村人は一家皆殺しにされた。
日本語版だとなぜか村人が自分たちの意思で三眼の復活に協力したような建前が信じられていたことになる。また、白家が生贄の役割を引き受けたのは自らだったとなぜか白小小が明言して嘘を付いた(自分で自分を誤魔化した?)日本語版と違い、中文版ではそんな明言はしてはいない。