それにしてもメタ的にド直球の死亡フラグ会話だ。
小:也许今天能死掉也是好事。早日跟爹娘团聚就好了。
小:真的好想念他们。
高:不行!
高:如果你真想与爹娘团聚
高:我高皓光绝对不会允许你这么苦丧着脸去见他们。


小:もしかしたら今日死ねるのもいいことかもしれません。早く両親と再会して団欒(中国語の「团聚」は字義どおりには集まることを意味する。多くの場合は離れていた親しい人間が再び集まることを指し、日本語の「団欒(親しい人間の和やかな集まり)」のようなニュアンスがある。日本語訳の際は「再会」とされることが多い。死に別れた仲間があの世で再会することを肯定的に語る場合によく使われる)できればいいのに。
小:本当に彼らが恋しい。
高:駄目だ!
高:もし君が本当にまた両親と一緒になりたいのなら
高:この高皓光は君がそんな辛そうな顔で彼らに会いに行くのを絶対に許さない。


白小小の回想でもわかる通りに、白小小にとって辛かったのは家族の団欒を奪われたこと。白小小は罪人とされていた先祖を恨むことでこの苦しみに耐えていた。しかしそのせいで先祖の罪を子孫の罪と思い込んで現状の問題から目をそらそうとする悪習を、村人と白小小は共有してしまうことになった。そして真実を知った白小小は村の大人を皆殺しにし、仲良くしていた子どもたちの一家団欒を奪ってしまった。