黒山村のエピソードはマグメルのエポナの涙の話とティトールの過去話を混ぜたような内容だけど、そのどちらよりも好きじゃない。ティトールの過去話は現在のティトールが過去を乗り越えたから好き。エポナの涙のエピソードはそんなに好きじゃないけど、まだ前半でヨウが活躍したし、冒険の舞台の描写もあったし、被害者と加害者かわかりやすかったし、話も短く纏まっていた。
黒山村は長いし暗いし、主人公の無能ぶりをここまで強調してどうする。あとで上げるためのあえての下げなんだろうけど、ここまで執拗にやって回復できるものなのか。正直、自分としては主人公ヘイト系二次創作めいたものを感じてメタ的に同情する部分もなくもないけど、そういうある意味意地の悪い味方をしないとただの無能主人公だ。