前に書いた部分と重複するけど改めて整理。

日本語版では黒山村以外にも2つの村(合計3つ)が生贄を捧げていたという説明が削られている。

 

第6話で光の言った「いや… 檻がなくなれば逃げる分豚たちの方がマシか」に対する村長の返答。

日「黙れ小僧!(中略)そもそも今まで大屍仙さまから逃げおおせた生贄はただの一人もおらん(後略)」

中「住口!(中略)更何况上尸大人神通广大,供养他的村子有三个,这一年来就没听说哪个人能活着逃离的!(後略)」

直訳「黙れ!(中略)まして大屍仙さまの神通力は広大だ。お祀りしている3つの村で、この一年生きて逃げられた人間なぞ聞いたこともない!(後略)」

 

生きて逃げられないのは生贄だけでなく3つの村の人間全員。そうでないなら白家は生贄を押し付けられそうになった時に3人揃って逃げればよかった。少なくとも白小小と母親は逃げられた。

第8話の冒頭によれば、隣村では逃げようとした人間が三眼の神通力で捕捉されて一家皆殺しにされたという説明を村長から?白小小の父親が受けている。

 

この2点だけだと村長が嘘を言ったと解釈できなくもない。しかし第7話で三眼が

日「そんな時 オレの存在に気づいた近隣の村の連中が 自分たちの家族が巻きこれないよう先手を打ってきた」

中「周围几个村子的人有老一辈看出了有涅槃尸在杀人。他们为了祸害不引到自己家族。

直訳「周りのいくつかの村の人間には人を殺してる法屍者がいるのに気付いた年寄りがいた。彼らは自分の家族が災いに巻き込まれないようにした。」

と語っているので村長の言ったことは本当。

三眼は西暦525年に村から離れた白大と阿柴を襲ったし、西暦1906年でも生贄の白小小が光たちに助けられそうになった時は村人全員の命を人質にして脅迫した。